時計の世界

腕時計の保存の仕方

時計を保管する際にほこり・湿気・高温が大敵になり常温(生活するのに困らない程度)で買った時に付属していた箱や専用の保存ケースを使用します。
機械式の場合は振動などがあると遅れや進みすぎる可能性がありますので余分な振動がなく長期間であれば自動で回るワインディングケースなどを利用します。
クォーツ式でも機械式でも磁気に影響されますので、テレビや携帯電話の近くを避けます。温泉やシンナーなどの薬剤などの蒸気が当たると劣化の原因になりますので置き場所を確認します。
保管する前にバンドに付いた汗や汚れをキチンと拭いてキレイにしておくと直ぐに使用できますし、カビや匂いの予防になります。長期間使用しない時でも中の機械は動かないと錆付いたりして故障の原因になりますのでクォーツなら電池の残量を常に確認したり、機械式なら毎日動かしておくなどすると良いです。原因不明の止まりや遅れは磁気に当たった可能性が高く、アナログクォーツなら離せば回復しますが機械式などは修理が必要になります。水分も大敵ですから防水タイプでも長期間水の中ではパッキンも劣化しますので注意が必要です。ソーラータイプも長期間太陽に当てないと使用できなくなりますので直射日光の当たり過ぎない場所で保管します。